うっちー

都内に通う就活前の貧乏大学3年生です。お金ないなりに日本各地を旅しています。貧乏でも冒険心があれば旅ができることを伝えるブログです。よろしくお願いします🤲

函館・青森旅 振り返り③

 どうも!うっちーです!

 

 前回は青森県の絶景やお酒、グルメといったものを堪能した様子をお伝えしてきましたね!

 

 今回は、写真の枚数が少なめで、かつ過去の写真も添えて青森駅→帰宅の様子についてお伝えします!

 YouTubeでお伝えできなかった心境をブログにしました。

 

(下記の動画が今回の題材です)

 

 最後までお付き合いください!!

 


f:id:sutut:20200324112901j:image

 普段は青森駅から横浜市内に帰るには、日本海側からだと1日で帰ることができません。

 

 ただ太平洋側からだと帰宅することができますが、交通費が多少高めになるんですよ。

 

 なぜかというと、盛岡から八戸、野辺地、青森方面はJR東日本ではなく、青い森鉄道という第三セクターになるため、運賃が割高になります。ただでさえお金を持っていない私がそんな贅沢ができるはずがありません?笑 というか前日に下北駅に行った際、乗車したから帰りは日本海側から帰った方が景色良いよな❗️なんていう考えを持っちゃったので、乗りませんでした。唯一後悔したのは、八戸や盛岡に行ってもよかったかなということです。

 


f:id:sutut:20200324112905j:image

 さあ、家に帰るぞ❗️お家がめちゃめちゃ恋しい❗️そこまでは思っていませんが、私が無事に実家へ帰ってくることを両親は望んでいると思われるので、ちゃんと帰りました。何もない県だと思っていた青森県でしたが、景色は良いわ、グルメは薄味だったけど美味しかったという思い出を作って午前7時に青森駅を出発しました。

 

f:id:sutut:20200327154223j:image

 写真はYouTubeのサムネイルから引っ張ってきました。ピンク色の気動車に乗って秋田駅を目指しました。車体は701系と呼ばれるもので、ロングシートが主体で、東北地方をメインによく走っている姿を目にします。

 

 だがこの列車は私個人として、あんまり良いというイメージがないです。シートがそこそこ堅く、座っていると腰が痛くなります。まさかのそのまさかで、青森ー秋田間がこの列車だとは思っていなかったので、覚悟して乗車しました。秋田駅で乗り換えするのは良いとして、3時間30分ほどこの列車に乗らなければいけないので、辛かったです。

 

 でも関東圏を走る列車ではないので「たまには楽しもう」と思い、我慢して乗りましたが、すぐ寝てしまいました。笑 朝早い出発で夜に横浜市へ戻る予定だったため、ここで寝ておいて正解だったかもしれません。

 

 爆睡後、起きてみると聞いたことがある名前の駅に到着していました。


f:id:sutut:20200324112847j:image

 八郎潟駅に到着していました。そう、寝て起きたら秋田県に突入していました。秋田駅までもう少しのところで起きれたためラッキーでした。

 

 この八郎潟駅がある秋田県南秋田郡八郎潟町は、第二次世界大戦後の1940年代後半から国内の食料自給率が太平洋戦争の影響で著しく低下したことで、干拓開発の一つとして、当地域が指定されました。その結果、駅周辺は第一次産業が盛んな地域となり、農業を中心とした産業が主流のなっていきました。

 

 車窓からの風景でしか当地域を見ることができませんでしたが、新興住宅のような光景が広がっており、秋田市内から離れたベットタウンのように感じました。また地方問題として少子高齢化や人口減少が課題となってるこのご時世ですが、八郎潟町は割と若年層が多く感じました。ざっとですが、当町をネットで調べると、移住者に向けた支援が充実しているようで、農業を始めようと考えている方に向けた農業支援もあるそうです。

 いつかは田舎でのんびりとした生活を実現させたいところですな。

 

f:id:sutut:20200324113028j:image

 青森駅を出発して3時間半、私は秋田駅に到着しました。添付してある写真は、2018年夏の東北一周旅(青森県を除く)時に秋田県を訪れた時に撮影した写真でございます。

 

 この時は、夏の甲子園大会(高校野球)で決勝戦に進出した秋田県立金足農業高等学校が準優勝した記念に飾られていた横断幕の下で、当時流行った「侍ポーズ」をしてから横浜に戻った思い出があります。一人でカメラの三脚を立てて撮影したため、周りの方にガン見されました。笑 朝の7時頃の秋田駅構内にある緑の窓口前で何ちゅうことをしたんだと思いましたが、これを一人でできる時点で「メンタル強いわw」とか思っていました。笑

 

 ですが、今回の旅の乗り換え時間が10分しかないため、残念ながら改札の外へ出ることができませんでした。まあ鉄道旅をしている時点で時間がないのは慣れているから何とも思いませんでした。

 

 

f:id:sutut:20200324113044j:image

 青森駅から横浜まで在来線を使って帰れる最大のポイントがこちら❗️秋田ー新潟間は特急「いなほ」を使うことです。羽越本線白新線普通列車で乗り通すと、バカみたいに時間がかかるわけです。秋田駅から朝一の普通列車に乗れば問題なく帰れますが、ただ今回は青森駅出発なので1日で帰れないため、ここは特急に課金させていただきます。

 

 動画を見てもらえればわかりますが、「いなほ」にただ乗るのでは面白くないので、グリーン車を利用しました。座席のリクライニング全開、仕切りがあり、プライベート感丸出しで、日本海を眺めながら爆睡していました。笑 普段は汚い東京湾や太平洋しか見れないんだから、綺麗な日本海はしっかり見とけ❗️バカかうっちーは❗️と思いますが、この日の天気は雨。以前の東北旅の帰りに羽越本線から見る日本海の絶景を見ているため、今回は3時間ほど特急の車内で寝ていました。

 

f:id:sutut:20200324113530j:image

 マイInstagramから引っ張ってきた写真ですが、14時前に新潟駅に到着しました。ただここで問題が発生します。長岡方面に行く信越線に乗る時間が15時過ぎの予定だったため、のんびり駅構内にいました。だが、14時5分だったかな?一本早い長岡行きの列車があったため、階段を全力で駆け上がり、ギリギリのタイミングで乗れました。

 

 当時、私はマスクを着用し、マッハスピードで階段を登ったため呼吸がしづらい状況になりました。結果、肺を痛めて2週間ほど痛みが続きました。旅をした時も新型コロナウイルスが出始めた頃だったので、恐怖に怯えていましたが、別に容態の悪化など無く、平穏に現在は過ごしております。

 

f:id:sutut:20200324113603j:image

 信越線に乗りまして、長岡方面に南下していきます。写真は青海川駅ですが、実際にこんな場所は通りません。あくまでも信越線繋がりのイメージ写真で活用させていただきました。

 

 信越線の新潟ー長岡間はただ乗っていることが多いため、沿線の観光はあまりできていません。なので、今後にフリーパスを活用して散策してみようかと考えています。新潟県は、探せば探すほど面白い観光財源が出てきそうな匂いがしますので、将来明るい県だと私は思いますよ。笑

 

 さあ、長岡駅に到着して、ここから関東地方に戻りますよ❗️南下するには私が愛する上越線に乗車していきますぞ。


f:id:sutut:20200324112852j:image

 上越線は長岡ー水上ー高崎間を走る路線で、群馬県新潟県の県境を越えることもあって、別名「上越国境越え」とも言われています。長岡を出発すると、上越新幹線と並行しながら走っていきます。新幹線の場合はトンネルが多いですが、このね、上越線から見る景色は最高なんですよね。魚野川沿いにかけてクネクネした線路で、上越国境に近づくと標高が高くなっていきます。

 

 添付した写真は2019年に土合駅で撮影しました。この土合駅も面白い駅で、地下深くにホームを作ったり、土合ー湯檜曽間は山の中に線路を通して、円を描くようにして山を下っているので、なかなかの魅力があります。

 

 今度、YouTubeで「お酒飲みながら上越線の魅力をあまり鉄道の知識がない大学生が語ってみた(仮)」の動画でも作ろうかな。笑

 


f:id:sutut:20200324112857j:image

 長くなりましたが、今回のブログの終点は水上駅ししておきましょう。水上駅から高崎駅へ向かい、最後は横浜方面へ戻り、1日で青森ー横浜への帰宅ができました。正直なところ、18時30分までに水上駅に到着できれば、嫌でも横浜方面に帰ることができ、勝者という気分になります。これは何回か乗ってわかったことです。地元を走る列車の時刻なんて知らないのに、上越線の時刻を知っているなんて変な話ですよね笑 お前の地元どこだよ❗️って言われてもおかしくはありません。

 

 大学の友人と謎を解いているところなんですが、水上駅って通過禁止駅に指定されているのですが、指定される条件である駅付近に踏切があるわけでも無く、その他の事情も当てはまらないため、なんでだ?といって毎日頭を抱えています。笑

 

 もしこのブログを読んでいただけた方の中で、仮説でもいいので意見をシェアしませんか?笑

 

 

 以上で今回の内容を締めさせていただきます。

   現在、新型コロナウイルスの影響でYouTubeや各SNS、当ブログの活動をフル稼働しています。ぜひご覧ください❗️

 

   次回もYouTubeで語りきれなかった部分を書いていきます。

 

 最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

 

 

函館・青森旅 振り返り② (下北、鉄道防雪林、シジミラーメン)

 どうも!うっちーです!

 

 前回は、函館市内を観光した様子をお伝えしたと思いますが、いかがでしたでしょうか?函館観光の王道である函館朝市箱館五稜郭函館山を回ってみましたが、この3つを攻めるなら1日で行けることが証明されました。

 

 ただ朝一の飛行機を使ったらの話ですからね?笑

 

 前置きはこんくらいで、今回は青森県を旅した様子を文章に起こしますよ!最後までお付き合い下さい!

 

(下記の動画が今回の題材です)

 

 

f:id:sutut:20200323220726j:image

 私のYouTubeを見ていただくとわかるのですが、深夜に函館港→早朝に青森港に渡りました。もちろん青春18きっぷを使う方にはご存知の青函フェリーを利用して、本州へカムバックしました!

 

 初めて青森県に上陸しましたが、津軽海峡と市内の景色がまた良いこと。映えてますなぁ。ただね、人が少ないのよ!!こんな良い街なのにさ!ねぇ、なんでよ!!笑


f:id:sutut:20200323220714j:image

 青森駅の先にあるのは、港らしき所。特に船が停泊してる様子はないけど、写真の手前には八甲田丸という船があります。

 昔、青函トンネルが無い頃に函館⇄青森を結ぶフェリーとして活躍していました。

 

 中でも、鉄道ファンの方は知っていることかもしれませんが、フェリーに列車を乗せることもしていました。フェリーに列車を乗せるとか沈まね?大丈夫か?とか私は思っていましたね。笑


f:id:sutut:20200323220705j:image

 この単線さ、私好きなんですよ!おそらくですよ?フェリーに列車を乗せるための線路だと推測しております。

 もしこれが本当のことであれば、歴史を感じますねぇ。トンネルが無かった頃の津軽海峡を渡る際は不便だったと思います。文明の進化を感じた瞬間でしたよ。

 ちなみに、線路の先は行き止まりになっています。日本の鉄道の歴史を探ると面白いなぁ…。


f:id:sutut:20200323220655j:image

 本当の目的はこの駅!下北駅でございます!!青森県と言ったら弘前五能線じゃないの?と思ったあなた!下北半島の景色も負けておりません!

 

 実は、東京都にある下北沢(通称、下北)と青森県の下北を行ってみるというクソつまらないことがしたくて行きました。

 

 動画では一部しか映せていませんでしたが、文章にしてまとめると、青森県下北駅は思ったより街が栄えてます!これは本当です!スーパーやガソリンスタンドといった生活に必要なお店が揃い、観光のためのホテルもありました。

 

 いや〜、これはたまげた。地図だけで町を判断してはいけませんな。😅

 


f:id:sutut:20200323220642j:image

 記念に私と下北駅舎のツーショットをいただきました。ブログで素顔出すの初めてかもしれないなぁ(ブサイク)。

 この場所に行くため、JR大湊線を使って行きました。というか、列車で行くとしたら大湊線でしか行けませんからね。笑

 

 これがまた良い景色が見えるんだなぁ。

 


f:id:sutut:20200323220718j:image

 撮影したのは、夕方に差し掛かる時間帯でした。列車が走る線路は、海のギリギリまで近づいて走っていました。これは今まで乗ってきた列車の中で1番だと思います。

 

 目の前に広がる海は陸奥湾で、写真の左方向は青森市に当たります。

 

 残念なことに、大湊線はあまり知名度が高くなく、私の鉄道好きの方々でも乗ったことが無いほど存在的に薄いです。

 でも、今回私が乗ったことで、この風景を見にぜひ大湊線に乗って欲しいです!100%後悔させませんからね!?

 


f:id:sutut:20200323220659j:image

 ここは野辺地。青い森鉄道大湊線が接続する街です。意外に青い森鉄道は本数が多くあり、乗り継ぎ時間もちょうど良かったため、街中を程よく散策できました。

 

 この街も、スーパーをはじめとした生活に必要な物を揃えることができる街という印象が残りました。駅から市街地は離れていることがデメリットですが、国道?県道?まで出ると、交通量や人が多かったです。


f:id:sutut:20200323220638j:image

 野辺地駅には日本最古の鉄道防雪林があります。

鉄道防雪林とはなんだ!?と言いますと、降雪量が多い地域を走る列車の線路に多くの雪が溜まってしまいます。そうなると運行に支障が出てしまうので、吹雪でも影響無く走るために、沿線に木を植えました。

 その結果、ある一定の間隔に木を植えることができれば、線路に雪が積もらないことがわかり、植えられたとされております。

 

 この林を研究された方として、旧東京帝国大学土木科の研究者、本多静六教授によって成果が上がり、東北本線をはじめとした北日本地域に多く見られます。

 

 実は、鉄道防雪林の論文を以前読んだことがあるため、野辺地に最古の林があることは知っていました。実際に見ることができてよかった。


f:id:sutut:20200323220632j:image

 青森駅に戻り、晩酌をやりました!

 私が注文したお酒は安東水軍という日本酒?焼酎?です。笑

 地酒が飲みたかったので、日本酒なのか焼酎かを気にしないで注文しました。

 

 北日本のお酒ということもあり、ちょいと辛口なお酒だったかなと思います。ですが、青森県のお酒を青森の土地で消化することで自分が地産地消に貢献してると思うと、美味しく感じました(どゆこと?)。笑

 


f:id:sutut:20200323220647j:image

 最後に!シジミラーメンをいただきました!十三湖シジミから出汁を取った超あっさり海鮮系ラーメンは、横浜家系ラーメンで育った私からしたら味は薄かったですが、青森県で採れたシジミを青森という土地で消化することで、地産地消に貢献してると思うと、美味しく思いました。笑

 

 (つまんない食レポやめろ?笑)

 

 ふざけはここまでとして、本当にシジミラーメンは美味しかったです。濃い目の味が嫌いな方はおそらく魚介あっさり系スープはハマると思います。

 

 シジミエキスと塩スープが絶妙にマッチングしているので、味に物足りない方は七味唐辛子をかけることをオススメします!

 

 長い長い文章でしたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 次回は写真少な目の、帰宅編をお伝えします。

函館・青森旅 振り返り

 どうも!うっちーです!

 

 今回は、以前動画でもお伝えしましたが、函館青森旅の振り返りをブログでもしていこうと思います!

 

 ブロガーっぽいことを久々にやっていますが、本来はブログが最初でYouTubeがその後です。笑

 

 ちなみに、YouTubeの検索で「うっちー 函館」と検索していただくと、出没いたします!!

 

 まぁ、前置きはこれまでにして、振り返っていきます!!

 

(下記の動画が今回の題材です)

 

 

f:id:sutut:20200322012410j:image

 YouTubeの方で、映像として残してありますが、旅の始まりは朝一の羽田空港からJAL585便、函館空港行きに搭乗しました。

 

 写真をたくさん撮ったのですが、携帯の容量が64GBという少なさのため、定期的に写真フォルダー整理をしていることで、飛行機内から撮影したものを載せておきます。

 

 動画を見てもらえればわかると思いますが、この旅のスタートからお金を少しかけています。それは、クラスJを利用しました。

 

 リクライニング全開まで倒して、機内で爆睡をかましてました。笑

 

 飛行機内でエコノミークラス以外を利用したのは初めてのことで、良いグレードの座席に座ると、客層も大きく変わってきます。

 赤のパーカーにadidasのスエットを着たクソガキが乗るような座席ではないですよ、クラスJは。笑

 

 函館空港到着後は、市内まで10キロ以上ある道のりを交通機関を使わずに、歩いて行きました。

 

 これも動画を見ていただくとわかりますが、相当距離があり、ハイカットのスニーカーでよく歩けたなとつくづく思います。笑


f:id:sutut:20200322012403j:image

 お昼ご飯は、函館朝一で海鮮丼を食べました!

(朝一どころか、昼一に市場行っても営業してるお店が少ないので、注意が必要です)

 

 昼食後は、また歩きます(歩きすぎ)‼️

 

 そして上の写真を見てもらえればわかると思いますが、私が函館で3番目に楽しみにしていた場所に着きました。一体、どこなのか…。


f:id:sutut:20200322012416j:image

 そう!五稜郭でございます!!あの明治維新の中でも欠かすことができない箱館五稜郭ですよ!

 

 函館駅の近くにあると思いきや、歩いて1時間ちょいかかりましたよ!もし、今後に函館五稜郭公園に行く予定がある方は、下調べして下さいね!?

 


f:id:sutut:20200322012423j:image

 近くの五稜郭タワー展望台から見た景色です。なんかとんでもねぇ形してますよね。近代ヨーロッパの城を真似して築城したと言われていますが、ここは日本ですよ?西洋式を信仰しすぎだろ!とか思いながら五稜郭を見てました。

 

 でも、函館市を観光するのに五稜郭は外せない場所なので、ぜひ一度見に行って欲しいですね!


f:id:sutut:20200322012407j:image

 新撰組がお好きな方!お待たせしました!私は土方歳三です(編集者のお前は土方さんじゃねぇ)。

 

 五稜郭タワーには土方歳三銅像があります。他にもタワー1階にも彼の銅像があります。

 

 一応、一瞬だけ動画でもご紹介しているので、見てください!!

 

 f:id:sutut:20200322012359j:image

 横浜の赤レンガ倉庫は見慣れていますが、函館の金森赤レンガ倉庫は初めて見ました。

 

 横浜より、お店の数は圧倒的に多い気がしましたが、そこにはあえて触れないでおきましょう。私の出身地は横浜市なので、勝手に意地を張ってます。

 

 どうも赤レンガ倉庫がある所の近くには海があるんですよね。武器やら何んかを貯蔵するには最適な場所ではありますよね。

 

 本当に、西洋式のものが多くある函館市は面白いですなぁ。

 


f:id:sutut:20200322012419j:image
 J○BさんやH○Sさんといった旅行会社のパンフレットで見たことがあると思われる風景です。

 

 ここがあの有名な函館山です!新型コロナウイルスが流行り始めた頃に行ったため、人はまだ多くいました。ロープウェイを待ってる時に、「人混みやめてぇ」とか思ってましたね。笑

 結果、体に何も異変が起こらずに今日まで生きております。

 

 この日は、深夜に函館港に行く予定があったので、夕方に函館山へ行きました。また、山頂付近では、雲が多く発生。五稜郭と思われる場所から奥の景色が見えなくて、アンラッキーでした。泣

 

 絶景を求めて旅をしている私としては、メンタル崩壊寸前でしたが、「渡島半島の形が綺麗だなぁ」と思いながら見ていました。

 

 今回は先月に行った函館・青森旅の動画以外で語ることができなかった部分を書いていきました。

 

 次回は青森編をお伝えします!

 

 YouTubeの方もチャンネル登録していただけると嬉しいです!

 

 最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

東日本大震災から今日で9年。〜当時を振り返って〜

こんにちは!うっちーです。

 

月一ぐらいの少ない頻度でブログを更新しておりますが、YouTubeでは浮上してる数は多いです。笑

 

 

さて、今回は「東日本大震災から今日で9年」ということについて語っていこうと思います。

 

2011年3月11日、午後2時46分に東日本特に、東北地方太平洋側で震度7を計測した大地震が発生しました。

 

また、地震の影響による大津波も発生。さらに福島県双葉郡双葉町東京電力福島第一原発の事故。

 

さらに本震発生から数十分経った時に、茨城県沖で震度6強を観測する地震が発生。2つの大きな地震があったことで、東京をはじめ東日本地区でパニックが起きたのです。

 

さらに、翌日には長野県栄村で震度6弱?の地震もありました。とにかく2011年3月は自然災害によって国内が混乱した時期でした。

 

一方で私うっちーは?というと、当時は小学6年生でした。卒業式間近の時期だったので鮮明に覚えております。

 

地震発生時は、学校の校庭で靴飛ばしをしながら遊んでいる途中でした。

 

突如、地面が大きく揺れだして、周りの人たちが揺れの恐怖に怯えていたことが、印象強く残っています。

 

当然、小学校の対応としては下校の措置をとっていました。幸いなことに私は、母親がすぐ迎えに来たので、無事に保護されました。

 

家に帰ってテレビを見ると、岩手県陸前高田市の映像が流れていました。

 

見た瞬間、しばらくの間、空いた口が塞がらなかったのです。街中が津波の被害に遭い、今まで見たこともない光景が目に映ったのです。

 

あの映像は、今見ても鮮明に覚えています。

 

日本は災害の多い国。特に地震発生数は世界でもトップクラスで、日本列島は四方を海で囲まれています。

 

入り組んだプレートの上に日本という国があります。

 

自然災害とは、日本に住んでいる限りは付き合っていかなければなりません。

 

だが、あの地震の揺れや津波による二次災害の恐ろしさは、今でも忘れません。

 

この時点で、12歳というまだ大して人生を生きていない私が思ったことは、「大学生になったら必ず東北地方へ旅に行く」そう決意しました。

 

その結果、2018年8月31〜9月2日で東北旅を実行しました。

 

実際に被災地にも訪れました。行った時は言葉が出なかったです。

 

そのぐらい、あの震災は多くの人々に深い傷をつけたのです。

 

私は東北旅を終えて思ったこととして、旅自体も楽しかったのですが、「まだまだ日本各地に対してにわか的知識しかない」「もっと自分の目で日本という国を見てみたい」そう思うようになりました。

 

それから、小学校から続けてきた野球も手を引いて現在も旅を続けています。

 

旅を始めたきっかけは東北地方に行ったこと。さらに遡ると、東日本大震災が発生した時から旅をする決意が固まっていたのかもしれません。

 

あの災害によって、多くの犠牲者がいます。2度と同じような被害を起こしてはなりません。

 

3.11は、日本人として忘れてはいけないと思います。

 

今、元気に過ごせてることに対して感謝しながら今後も生き続けていきます。

 

本日は以上とさせていただきます。

 

少し内容的に重い話でしたが、最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

(おまけ)

またYouTubeも精力的に活動をしておりますので、そちらもご覧下さい。

高評価👍&チャンネル登録📺もお願いします。

 

新型コロナウイルスの影響によるYouTube活動の一部自粛

こんばんは。U日記チャンネル運営者のうっちーです。

 

2020年1月下旬頃から現在にかけて流行している新型コロナウイルスの蔓延により、イベントなど人が集まるような会が中止或いは延期となっています。

 

そこで今回は、私U日記チャンネル運営者のうっちーも外出はなるべく控えるために、遠出の旅行をしばらく中止にしていこうと思います。ただ、動画のアップロードに関しては、続けていきます。旅行系の他にも、別な内容に差し替えということも考えていますので、ぜひご覧いただけると嬉しいです。

 

私の立場上、現在就活生でもあるため、今後の面接だったり大事なイベントが控えてることもあり、無理に外出してコロナウイルスに感染してしまったら活動ができなくなってしまう恐れがあるためです。

 

また就活生という裏側でYouTuberとしても活動していくには、このような事態でも続けるべきか考えたのですが、「自分の身は自分で守る」ということで、健康面を第一優先にさせていただきます。

 

本来であれば、3月には一部海外進出も考えていましたが、世界的にもコロナウイルスに対する厳戒体制になっているので、中止にしました。これも自分を守るための一つの手段だと思います。

 

 

以上の内容で、しばらくの遠出旅は中止にすることをお伝えしました。ただ、動画のアップロードは続けていきますので、内容は多少変更になりますが、今後ともU日記チャンネルの活動を応援していただければ幸いです。

私が旅を始めたきっかけ

こんばんは!U日記です!!

 

久々にブログを更新した気がしますが、最後までお付き合いください!!

 

今回の内容は私が旅を始めた理由について書いていきたいと思います!!

 

きっかけは大学2年の夏休み

f:id:sutut:20200114215142j:image

 「大学生のうちにたくさん色んなことをしたい!」そう思って、2018年の夏休み(当時大学2年)に思い切って一人で東北地方を旅したことでした。

 

 今までは家族や複数の人たちと旅行することが多かったが、何を考えはじめたのか、突発的に旅行がしたいと思ったので、リュックを背負って出発しました。

 

 その結果、今まで見たことがない景色や街に出会ったこと。また旅先で人々の優しいさや温かさに触れたことが何より楽しかったから一人旅にハマってしまいました。笑笑

 

 「これは自分にしかできないことだ!」次第に思うようになり、気付いたら大好きだった野球を辞めて、日本各地を訪れるような生活へと変わっていました。

 

野球を辞めて後悔は…。

f:id:sutut:20200114220118j:image

 野球は小学校から本気でやってきて、大学に入っても社会人クラブチームまで続けるほど熱く打ち込んでいましたが、「突然辞めたことで後悔は無いのか?」あるいは「あっさり辞めちゃうんだ」と言われる機会が多くあります。

 

 実際のところ、「後悔」というのは引退後、1度も思ったことがありません。むしろ、「本当にやりたかったことは旅なんだ」と気付いたのです。

 

 正直、野球も楽しかったです。でも、プロ野球選手を目指してるわけでもなく、野球でご飯を食べていくのは厳しい。ましてや、「肩と肘に爆弾を抱えて、さらに上の世界で続けるなんて体を壊しに行ってるだけで悪循環すぎる」と考えるようになりました。

 

 そう思うようになると、自分の心のどこかで「いつか野球に別れを告げなければ…」こんな考えを持ってしまったら、熱く野球に打ち込めるはずがありません。思い切って現役を引退しました。高校野球から2年遅れた決断でした。

 

 社会人野球では満足のいく結果を残すことはできませんでした。ですが、最後まで熱く取り組める環境の中でプレーができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 第一の青春を野球に注いだことは決して後悔してませんし、最高の時間だったと思います!!

 

次の青春は?

f:id:sutut:20200114221806j:image

 次の私が熱く打ち込むものは、もちろん「旅」です!野球で培った体力を生かして、遠く果てしない地に行って、日本いや世界の美しさに触れたことを情報発信することです!!

 

 バットやグローブからカメラとパソコン等が私の人生のお供になるでしょう。

 

おわりに

f:id:sutut:20200114222201p:image

 最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!U日記ではYouTubeを中心に旅に関する情報や紹介をしています!ブログはもちろん、動画の方もぜひご覧いただきたいと思います!

 

 チャンネル登録&高評価👍の方をよろしくお願いします!

 

 まだ見ぬ世界の景色や美しさを皆さまにお伝えできるよう活動をしていきます!

 

 本日は以上!また次回!!

新年初投稿

あけましておめでとうございます!!

 

f:id:sutut:20200101222516p:image

 

 

2020年もU日記の応援をよろしくお願いします!!

 

さて、新年最初の投稿として、どんなことを書こうか迷いましたが、今年のU日記の活動内容について書いていきます!

 

〜今年の活動〜

 私U日記は、晴れて今年の4月で大学4年生になります!その結果、就活卒業論文といった忙しい日々が待ち受けているのは間違いありません。

 

 ただ、それらと並行してYouTubeで旅の情報発信は続けていく予定です!!やはり、辛い事ばかりになってしまったら生きがいあるいは希望が失われたら、心身共に病んでしまいますからね、笑

 

 なので、昨年と変わらずに活動はしていきます!どんな生活や進路になるかは、正直わかりませんが、悔いのない1年になれば良いなと思います!

 

 今回は、新年のご挨拶という事で、この辺で終わらせていただきます!

 

 今年もよろしくお願いします!それではまた次回!