u日記(旅)

都内に通う就活前の貧乏大学3年生です。お金ないなりに日本各地を旅しています。貧乏でも冒険心があれば旅ができることを伝えるブログです。よろしくお願いします🤲

学生必見!飛行機をお得、快適に乗る方法

こんばんは!uです。

 

夏休みの一人旅計画をしている時に、交通手段でふと疑問に思ったことがありました。

その疑問として…

f:id:sutut:20190809010401j:image

快適かつ格安で飛行機に乗る方法は無いのか!!ということです。

私は大学生ということで、色んなお店で学割が効き、低コストで商品が購入できたり、乗り物に乗れたりします。

そこで今回は、「学生が飛行機にどうやって安く乗れるか国内編」をご紹介していこうと思います!

〜目次〜

 

 

 

 

LCC(格安航空会社)

 

f:id:sutut:20190921084427j:image

 写真は、今年3月に北海道へ旅をしに行った時撮影しました。

 LCC(Low cost career)の約であり、低価格で搭乗券を販売して運航している会社のことです。

 

 メリットとして。搭乗券が安く買える!!ということです。確かに、インターネットで航空券の予約サイトを見てみると、最低価格で4000円で売られているのをよく目にします。

 

 ですが、いざ購入しないとわからないことがあります。言い方を悪くするとデメリットについてここから書いていきます。

 

  〜価格表示は基本搭乗券のみ〜

 色々なオプションが付いて低価格だと思いますが、実は違います…。😂

 航空券購入サイトに表示されている価格は搭乗券のみになっています。

 

 実際に購入されたことがある方ならわかるかもしれませんが、航空券の購入を決めた後、手続きを進める前に、色々なオプションを追加することができます(ex、手荷物お預け、旅行保険など)。

 

 そのオプションが航空会社によって多少の金額の差がありますが、私の曖昧な記憶では1500〜2000円ぐらいだったと思います。

 

 他にも、手荷物の重量に関して厳しい面もあります。7キロを少しでも超えてしまうと手荷物に預けるか物を減らすように言われることもあります。

 

 低価格と言われていますが、実際にオプションを追加してみると大手航空会社と金額が変わらないという場合があると思います。

 

LCCで安く乗る方法〜

 

色々な考え方や乗り慣れている方からしたら、知識不足の所があるかもしれませんが、私なりの安く乗る方法を書いていきます!!

 

①早い時期に予約する

 インターネットの広告表示などで、「早得!!」の様なものを見たことがある方もいらっしゃると思います。

 

 実は割とお得な料金で飛行機に乗れる可能性があります。ですが、早い時期から旅行ができることが確定していない限り、予約するのに渋りますよね😅

 

 予定があらかじめ決まっている場合に利用するのがおススメかと思います!

 

②旅行する近い時期になってから予約する

 逆に値段が高くなるんじゃないの?と思いますが、座席の空きがあると、多くの搭乗者を集めたいLCC航空会社は、価格を下げて販売することもあります(大手航空会社も同じ形をとります)。

 

 なので、ギリギリになって予定が決まった際に購入することも良いと思います!、

 

③セール(旅行シーズンからずれた時期など)

 ①と似た様な内容になりますが、航空会社によってバーゲンと言って航空券のセールを行ったりします。

 

 そこで販売される価格が激安の場合があるので、狙ってみるのもおススメです。私の印象として、セールが行われる時期に多くあり、長期休みが無い季節にやることが多いので、要チェックです!!

 

 

大手航空会社

f:id:sutut:20190921092707j:image

 格安航空会社のことを書いていましたが、ここからは大手航空会社について書いていきます。

 

 そもそも大手航空会社とは何かと言いますと、日本国内の主要空港をはじめとして、地方路線も就航し、かつ規模が大きい航空会社のことを言います

(ex、ANA[全日空] JAL[日本航空])。

 

 

f:id:sutut:20190921093329j:image

 

 先にこれらの会社のデメリットから書いていきたいと思います。

 

①値段が高い

 最初に説明したLCC航空会社に比べると、大手航空会社なので航空券の料金は高めに設定されています。

 

 f:id:sutut:20190922090632j:image

 私の予想ですが、料金の中には機内サービスなども含まれてることもあり、他には保険も自動的に付いてくるから、その分高くなっているのかなと思います。

 

ビジネスクラスなどの座席がある

 

  LCCは基本的にエコノミークラスの座席が多くある

ため、安く値段設定すればたくさんの集客が見込める部分があります。

 

 ですが、大手航空会社はサービスの良さをアピールしているため、国内線にもエコノミークラスの他に、プレミアムクラス(ANA)、Class j、ファーストクラス(JAL)があります。

 

 記憶が正しければいいのですが、LCCにもビジネスクラスのような広い幅がある座席があったと思います。

 

 正直なところ、私はエコノミークラス以外は利用したことがないので、お金がある時に乗りたいといつも考えています。

 

ここからは、大手航空会社の飛行機に乗って旅行したい場合について書いていきたいと思います。

 

 

ANAスマートu25入ってみた

 

あまり聞きなれないサービスだと思いますが、こちらのサービスはANA(全日空)で行われているものです。

飛行機に乗る機会が多い方ならご存知である航空券予約サービスだと思います。

 

主に、当日に飛行機に乗る際に割引料金で搭乗が可能になります。但し、「25」という数字がネックとなり、12歳~25歳までの若者向けに発売されている航空券なので、それ以外の年代の方は、購入ができません。

 

入会方法として、「ANAマイレージクラブ」に入会する際に、生年月日を必ず入れてください。私は入力するのを忘れたことで、郵送で送ってめんどくさいことになったので、もし、入会される場合は注意が必要です。

 

登録後、実際に航空券を購入する場合として、このサービスが適応されるのは当日券のみですので、事前から使えるわけではありません。

ただ、金額として通常の当日料金と比べて、スマートu25を適応した方が、断然おトクな値段になっています。

 

当日の弾丸旅にもってこいのサービスだと思います。

 

 

JALマイレージクラブに入ってみた

 

日本を代表する航空会社であるJALマイレージクラブでは、先得航空券が発売されています。

 

大きな利点として、先得予約をされる場合には大体2か月先までの航空券の値段を見ることができるところだと思います。一覧表のように金額が見やすく表示されるので、旅行の参考にもなるため、便利ではないかと。。。

 

また、JALでは3つのシートプランがあり、エコノミー、クラスJ(エコノミーとファーストクラスの中間)、ファーストクラス(主要路線のみ)があるのも魅力の一つです。

 

 

 

 

まとめ

今回は飛行機をお得、快適に乗る方法をお伝えしてきました。私自身利用したことがない座席クラスがありますが、今後学生のうちに利用できたらいいなと思っています。

 

 

補足

また、U日記ではYouTube活動も行っています。チャンネル名もブログと同じ名前でやっていますので、ぜひ検索してみて下さい!

 

動画の方もご覧になり、チャンネル登録と高評価もお願いします!

まず現段階の目標として、チャンネル登録1000人を目指して頑張りますので応援よろしくお願いします。

 

詳しい内容は、前回投稿したブログに書いてありますので、そちらもご覧ください!

 

 

新たな企画をしていきます!!

こんばんは!uです。

 

先日、夏休みに行った九州旅の振り返りが終わりました。気付いた頃には私自身も夏休みが終わり、学校生活が始まっています。

 

今回の記事の内容は、「新たな企画」ということについて書いていきます。

 

※今回載せる写真は特に記事とは関係ありません。

 

 

新たな企画

 

f:id:sutut:20190919164621j:image

新たな企画ということで、今月というか、本日からYouTubeチャンネルを開設することにしました。

 

始める理由として、昨年から旅を始めて、1年間続けることができたら動画を始めようと考えていて、今月でちょうど1年経ったのでチャンネルを開設することにしました!

 

InstagramTwitter、そしてこのブログを通して色んな形で情報発信を学び、実際に活動をしてきました。

 

現代は一人一人が様々な形で情報を発信することができる素晴らしい時代になっています。

 

私自身、今後忙しくなる予定ですが、この時期に思い切って決断しました!

 

↓詳しい活動内容は以下に書きます↓

 

 

活動内容①(動画の内容)

 

f:id:sutut:20190919165122j:image

活動内容はもちろん、これまでと同じで旅について配信をしていこうと考えています。

 

文字や写真だけで、その土地の良さをお伝えすることも私としては良いことだと思いますが、今後はそこに動画配信を追加させて、より旅の良さや必要な情報を発信していきます。

 

活動内容②(動画の形式)

 

f:id:sutut:20190919170526j:image

 動画の形式として現在考えている形は、撮った写真をスライドショーで繋げてコメントすることや、動画を回していきます。

 

 基本的に顔出しはしたくないので、声のみの出演とさせていただきます。

 いわゆるラジオ番組に似た動画にしていきたいと思います。

 

活動内容③(配信頻度)

 

f:id:sutut:20190919170834j:image

 配信頻度についてですが、毎週金曜日21:00に動画をアップロードしていこうと思います。

 

 本来なら毎日更新していくのが良いかもしれませんが、大学生である私は課題やその他の用事もあるので、長期に渡って継続していくためにまずは週1回と定めてやっていきます。

 

活動内容④(旅をする曜日)

 

f:id:sutut:20190920095148j:image

 活動する曜日として、基本的には日曜日にします。ですが、長距離の旅をする際は土曜日、あるいは週末丸々使って活動しようと考えています。

 

 また、配信する近くに行った時の動画を載せるのが良い形だと思いますが、天候の関係など諸事情で旅に行けない場合、過去に私が行った旅についてお話できたらいいなと思います。

 

〜まとめ〜

 

f:id:sutut:20190920095712j:image

 今回は、私が新たに始める企画について記録していきました。

 

初めての取り組みなので、動画の編集やしゃべりなど最初はうまくいかないことばかりだと思います。

 

ですが、やっていこうと決めた以上、どんな形であれ頑張ることにしました!

 

f:id:sutut:20190920100246j:image

色々と未熟な部分がありますが、温かく見守っていただけたら嬉しいです!

 

これからもU日記の応援をよろしくお願いします🤲

 

本日は以上とさせていただきます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

青春18きっぷ旅in九州 最終回 part10(福岡空港〜名古屋)

こんばんは。uです。

 

夏休みが終わり、秋期の授業が始まって忙しい日々がスタートしました。

 

前回の投稿の内容として、長崎観光の途中で青春18きっぷを紛失するトラブルがありながら観光を進め、夜には博多駅に戻ってきました。

 

今回は、九州旅最終回として福岡空港から名古屋(中部)空港、名古屋駅までの様子を記録していきます。

 

f:id:sutut:20190907141852j:image

九州旅六日目の午前7時。ANA(全日空)の早朝便に乗り、名古屋(中部)空港に向けて出発しました。前日は福岡空港付近のスーパー銭湯の簡易宿泊で雑魚寝をしていたため、寝過ごすか心配でしたが、時間に余裕をもって飛行機に搭乗できました。

 

本来なら福岡空港から羽田、成田空港に行く便を使って戻れば早く帰ることができますが、予約をした期間が旅の開始直前だったので、値上がりしていました。そこで安い便を調べたところ、名古屋(中部)行きが安かったので、今回利用しました。

 


f:id:sutut:20190907141831j:image

小倉から始まった九州旅も終わりに近づいてきました。

節約を重視した旅だったので、時には苦しかったこともありましたが、楽しかった思い出の方が強く、余韻に浸りながら福岡を飛び立ちました。

 

離陸してすぐ、窓の外からは福岡市内の景色が見えました。私の勝手なイメージですが、大きな空港があるところは基本海沿いあるいは、埋め立て地にあると思っていましたが、福岡空港は街中にあるので珍しかったのではないかと思います。

 


f:id:sutut:20190907141858j:image

機体はさらに上昇をしていきました。この日の天気は雨だったので雲がはっきりとかかっていたので景色は良いとは言えませんでした。

 

先ほども書いたように、早朝出発だったこともあり、眠気がMAX状態になってしまい、少しだけ二度寝をしました。10分だけでしたが、気持ちよく寝れました。気づいたらシートベルトの着用サインが消えていたのと、機内サービスが始まっていたので、利用させていただきました。

 


f:id:sutut:20190907141843j:image

国内線エコノミークラスのサービスは、飲み物のサービスを受けることができます。

今回はリンゴジュースをいただきました。私が旅の時に飛行機を利用する行程がある場合は基本的にANA(全日空)を使っています。

 

今回登場する前は、北海道旅、八丈島旅の帰りに利用させていただきました。

 


f:id:sutut:20190907141910j:image

機内サービスとして、お菓子をいただきました。

基本的に飴を配っているので、ストロベリー味を選びました。

 

いつもANAのエコノミークラスに乗った際は、ストロベリー味の飴を選び、フライトを楽しむのがルーティンとなっています。

 

できれば、もう一段階上のクラスに乗れる日がいつになるんだろうと毎回思っています。

 


f:id:sutut:20190907141836j:image

名古屋(中部)空港に到着しました。

ここから先は、JR線が走っていないので名鉄空港線に乗り換えて名古屋駅を目指します。

 

テレビや図鑑でしか見たことがなかった名鉄の車両を目の前にすると新鮮さがありました。

普段、旅の帰りは羽田空港が多いので京急線の感覚で乗りました。

 


f:id:sutut:20190907141904j:image

名古屋(中部)空港は国際空港として使われているため、規模がとても大きいです。

 

今回初めて利用しましたが、建物自体はすごく綺麗で敷地内も広く、立派な空港だった印象があります。また利用したいと思います。

 


f:id:sutut:20190918180428j:image

名古屋駅到着後、時刻はお昼前でした。せっかく名古屋に来たなら何かグルメでも食べようかと思い、きしめんを食べました。

 

小学校の頃以来、10年近く疎遠になっていたきしめんで、今回食べた量は少なかったですが、冷やしかき揚きしめんはさっぱりしていて美味しかったです。

 


f:id:sutut:20190907141839j:image

青春18きっぷを使って帰る予定でしたが、紛失したことにより、交通手段を失ってしまいました。

 

ですが、写真の通り在来線では見慣れない看板がありますが、その様子は別の時に投稿します。

 

 

 

まとめ

6日間に渡って九州地方を一周してきた様子を振り返ってきました。

初めて見る街、景色、食べ物など全て学ぶことが多かった旅だったと思います。

 

これ以上書くとうまくまとめることができないので、短めでまとめさせていただきます。

 

九州地方制覇!!

そして最高の6日間の旅をありがとう!!

 

本日は以上とさせていただきます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

青春18きっぷ旅in九州 part9(長崎〜博多)

こんばんは!uです。

 

前回、熊本駅を出発して約半日かけて長崎駅に到着しました。

昼食を済まして、三菱重工長崎造船所のパワークレーンを遠目から見学したところで終わりました。

 

今回は長崎観光後半~福岡(博多)までを記録していきます。

ちなみに今回はとんでもないハプニングが起きることになることを、私は長崎観光の前半で予想していませんでした。

 

また、最後にお知らせもします。

 

それではまとめていきます。

 

f:id:sutut:20190907141629j:image

造船所を見た後、長崎の有名な観光地の一つとして知られている「グラバー園」にやってきました。

 

1859年(安政6年)、いわゆる江戸時代の幕末期に、イギリス人のグラバーという商人が長崎の地に住宅を建てたことによって現在に至っています。

グラバーは親日家だったと言われており、妻になる方は日本人だった歴史があります。

日本の歴史にとって重要な人物で教科書にも名前があるような人のゆかりある場所に行けてよかったです。

 

肝心のグラバー邸を見たかったのですが、改修工事をしていたので、見学しませんでした。ちょっとだけ後悔してます・・・。


f:id:sutut:20190907141657j:image

再び、路面電車に乗って浦上方面に向かいました。その途中、乗り換えをしなければいけないので、「長崎新地中華街」に寄り道しました。

私は関東地方に住んでいて、横浜中華街にも行ったことがあるので、比較してしまうと規模の大きさは横浜の方が大きいと思います。

ですが、メインストリートにお店が集中し、こじんまりしているので、観光はしやすいと思います。

 


f:id:sutut:20190907141639j:image

中華街を出発後、市内の散策を続けると、川沿いの道に出ました。よく考えてみると、長崎市電「新地中華街駅」の近くに戻って来ただけでした。

 

しばらく歩き続けると洋風建築の建物が現れました。写真の施設は「旧出島オランダ商館」です。

江戸時代の有名な政策として「鎖国」がありましたが、長崎だけが唯一の交易が認められた場所だったので、外国(オランダ)の施設が多くありました。

 

出島は教科書だけでしか知らない場所だったので、いざ行ってみると、どこからが出島なのかを地図で確認しないとわからないと思います。

 


f:id:sutut:20190907141609j:image

長崎市電に乗り、次の目的地は原爆資料館に向かうため、浦上方面に進んで行きます。

いざ列車に乗車するタイミングでした。服のポケットに手を突っ込んでみたら「青春18きっぷが見つからない・・・。」ここで私は旅をするのにとても大切な青春18きっぷを紛失しました。(笑)

 

冷静に考えても落とした記憶がないので気付づかないうちに、スリに遭ったのか落としたのどれかだと思います。その後、一旦長崎駅で下車して駅周辺の金券ショップで余りのある18きっぷを探しましたが、見つからなかったので諦めました。

 

このことで、大事なきっぷを紛失しないようにするには、きっぷを保管する場所を決めておくことや、首からぶら下げることができるパスケースの購入も考えないといけないなどの反省をしました。

 


f:id:sutut:20190907141625j:image

きっぷを失くして、金券ショップ巡りをしたことにより、原爆資料館の見学を中止にしました。グラバー邸も見れず、きっぷも失くすというハプニングが起こり、メインの観光地に行けず残念でした。

 

その後、博多に行く列車の時間が来てしまったので、普通乗車券を学割を使って購入しました。2240円と高い金額を払いましたが、失くした自分が悪いので仕方がないです。

 

また、一人旅は全てがうまくいくわけではないので、トラブルは付き物という思いを持って博多に向かいました。

 


f:id:sutut:20190907141604j:image

長崎本線に乗車中に撮った一枚です。

18時前に撮影したので、恐らく小長井駅だと思います(記憶が曖昧です)。

目の前に広がる海は有明海で、正面の方向には福岡県大牟田市辺りになります。日が沈んでしまいましたが、日中になって天気が良いと絶景が見られるスポットなのは間違いないでしょう。

 

長崎本線は海沿いを走るので、景色は最高の場所が多かったです。

 


f:id:sutut:20190907141649j:image

肥前山口駅で乗り継ぎをして、19時過ぎに鳥栖駅へ戻ってきました。

朝方に降り立った鳥栖駅ですが、長崎から戻ってきたら帰宅ラッシュに遭遇したため、会社員の方がたくさんいました。

 

19時50分、JR九州の列車の乗り継ぎも最後になりました。鹿児島本線門司港行き」に乗って、博多駅に向かいます。最後まで列車に揺られながら進んで行きます。

 


f:id:sutut:20190907141613j:image

20時40分、九州旅終点「博多駅」に到着しました。

5日間、弾丸旅行の一旦終わりを迎えました。小倉から博多まで一周するまで時間はかかりましたが、なんといっても達成感が半端なかったです。

 

計画を前々からしてきてよかったと思えた瞬間でした。

 

 


f:id:sutut:20190907141620j:image

改札を抜けると、博多駅周辺はものすごい都会でした。

オフィス街もあれば繁華街もあり、「自分は東京に戻ってきたのか?」と思いました。

 

時刻は21時を回り、夕食も済ませていなかったので、ゴール記念ということで豪華な博多グルメを探しに歩きまわりました。

 

 

f:id:sutut:20190907141644j:image

探した結果、「水炊き鍋」を食べることに決定しました。

野菜不足もあり、一気に栄養を摂りたいと思い、ヘルシーな博多名物といえば鍋料理と気付いたので、オフィスビルのような所の地下にある居酒屋で食べました。

 

久々にしっかりとした食事だったので、とてもおいしく感じ、二人前の量をすぐに完食しました。

ポン酢を付けて食べるのが主流なのでお肉も野菜もさっぱりした味なので、お酒を飲みたかったですが、翌日の飛行機が早い時間なので我慢しました。

 


f:id:sutut:20190907141633j:image

夕食後は地下鉄で「天神駅」に向かい、繁華街を散策しようと思いましたが、突然のゲリラ豪雨と駅に着いた時間が遅かったので、お店がほとんど閉まっていました。

 

残念ながら滞在時間は30分で切り上げて、明日出発予定の福岡空港付近のスーパー銭湯に移動して、雑魚寝で休みました。

 

私が利用した銭湯「月の湯」は、早朝便の飛行機を利用する乗客が寝泊まりできるように、深夜営業しています。雑魚寝したところは施設の和室でした。宮崎でも雑魚寝をしたので、その経験が生き、寝ることができました。

 

本日の記事は以上とさせていただきます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

※お知らせ

お知らせということで「なんだ?」といいますと、

初心者ながらでありますが、YouTubeのチャンネルを開設します。

最初の投稿を9月20日からスタートさせていく予定です。

動画の細かい内容については、初回前にブログで記事を書きますので、そちらもご覧ください!

 

 

 

青春18きっぷ旅in九州 part8(熊本〜長崎)

こんばんは!uです。

 

前回は、桜島〜熊本間の様子をお伝えしていきました。

 

今回は5日目、熊本〜長崎〜博多編をお送りしていきますが、2つに分けて記録していきます。

(長崎の一部〜博多編は次回に回します。)

 

f:id:sutut:20190907141426j:image

午前5時。熊本市内のカプセルホテルを出発して熊本駅に向かいました。早朝出発だったので、熊本市電(路面電車)が走っていませんでした。

なので、30分かけて市内を流れる白川沿いの国道をひたすら歩きました。

 

この日は朝から気温は30度を超える暑さで、湿った風が吹いていたこともあり、移動がハードでした。

(※写真は前日の熊本到着の際に撮影したものを回して使いました。)

 


f:id:sutut:20190907141435j:image

車内で私の旅の恒例として、朝はチョコスティックパンを食べます。もちろん、今回も購入し、車内で食べました。

 

熊本駅から田原坂を超え、荒尾駅で乗り換えをして、佐賀県鳥栖駅に到着しました。ここで乗り換えが40分近くあったので、改札を出て駅周辺に出てみました。

 


f:id:sutut:20190907141439j:image

改札の反対側の歩道橋からなにやら立派な競技場が見えてきました。最初は何か建設途中の建物だと思っていましたが、近づいてみると建設途中ではなかったです。

 

ただ、柱の色を見た時に見覚えのある色だったので、恐る恐る看板を見てみると…。

 


f:id:sutut:20190907141449j:image

サッカーのjリーグで活躍している「サガン鳥栖」のホームスタジアムでした。スタジアム名は「駅前不動産スタジアム」という名称でした。

 

いろんな競技場の近くを通ることがありますが、駅から歩いてすぐの所にスタジアムがあるのはとてもアクセスがいいなと思いました。

 

ちなみに、プロ野球の横浜DeNAベイスターズの本拠地「横浜スタジアム」の最寄り「関内駅」と同じくらいじゃないかと思います。

 


f:id:sutut:20190907141431j:image

列車が来る時間になったので、スタジアムから鳥栖駅のホームに戻ってきました。

途中の駅、肥前山口行きの列車が入線してきました。関東地方に馴染みがあるような車体に乗って行きます。


f:id:sutut:20190907141443j:image

その後、長崎本線を走り抜けて早岐駅から大村線諫早駅通過後からまた長崎本線に戻り、12時50分ごろ長崎駅に到着しました。

 

初めての長崎県に上陸ということで、この後の観光がとても楽しみです。

 


f:id:sutut:20190907141418j:image

「腹が減っては観光はできぬ」ということで駅から歩いて5分ほどの中華料理屋で長崎名物ちゃんぽんを食べました。

 

あっさりしたスープに野菜がたくさん入っているちゃんぽん。この旅で野菜を食べる機会が減っていたので、ここで摂取できてよかったです。

1杯600円で値段は安く、味の方も美味しかったです。


f:id:sutut:20190907141412j:image

昼食を済ませた後は、長崎観光のスタートです。

最初に向かったのはグラバー邸ですが、途中海の見える所で一旦休憩しました。

 

天気はもちろん暑いですが、海風があったので割と涼しかった印象が残っています。

 

ボーッと海を見ていると、何やら大きなパワークレーンが見えました。

 


f:id:sutut:20190907141203j:image

こちらは三菱重工長崎工場のパワークレーンです。

一見普通のもののように見えますが、実は世界遺産に登録されているんです。

 

ジャイアンカンチレバークレーン」の別名があり、明治時代から使われている日本最古のクレーンです。

 

長崎ではこの造船所を見たくて来たので、遠目からでしたが、見物できて良かったです。

 


f:id:sutut:20190907141206j:image

パワークレーンが見える港から歩いて10分ほどで、こちらも世界遺産に登録されている大浦天主堂です。

 

残念ながら予算の都合上、入場することができませんでしたが、天主堂の建物は白塗りでとても美しかったです!

 

この後、とんでもない大トラブルが発生しましたが、続きは次回に持ち越しさせていただきます。

 

今回は以上とさせていただきます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

 

青春18きっぷ旅 in九州part7(鹿児島中央~熊本)

こんばんは!uです。

 

前回、知覧特攻平和会館を見学後、夕方から最南端の終着駅枕崎へ行きました。

銭湯や食事を楽しみながら夜遅くに鹿児島中央駅に戻り、3日目の行程が終了しました。

 

今回は、鹿児島中央〜熊本の様子を記録していきます。よろしくお願いします🤲

 

f:id:sutut:20190822084625j:image

九州旅、4日目のスタート。

午前9時、鹿児島港から桜島に向けて出発しました。この日の天気は朝から晴れていて、気温も30度を超える真夏日となり、8月らしい天候でした。

 

朝早めの出発だったので、桜島フェリーに乗船する乗客も少なめで、デッキの席は一人で独占でき、15分の船旅でしたが、快適に過ごせました。

 


f:id:sutut:20190822084631j:image

船上から見た鹿児島市街地方面を撮影しました。

桜島に近づくにつれて鹿児島市内の都会さがよりわかるようになります。

 

これは後から知ったことですが、桜島の行政区分は鹿児島県鹿児島市になります。鹿児島湾(錦江湾)を挟んだ反対側まで鹿児島市ということは、市の規模が相当広いことを学びました。

 

f:id:sutut:20190909103656j:image

フェリーは乗客だけでなく、車も積むことができるカーフェリーとして利用されています。一般道を使って桜島に向かうと、霧島市方面を回る必要があります。

 

f:id:sutut:20190909105234j:image

地図で見てみたいと思います。

①は錦江湾沿いに行くルートになります。この行き方では高速道路を使い、時間的にも遠回りすることになり、2時間近くはかかることになります。

 

一方②では、鹿児島港からフェリーを利用し、桜島港に行くルートは、湾を横断することで①より早く着くことができます(所用時間15分)。

 

早く着きたい場合は②がオススメですが、のんびり行きたい時は、①も良いと思います。

 

f:id:sutut:20190909110009j:image

桜島には1時間ほど滞在しました。金銭面の問題で、移動が出来ず、桜島港付近を散策だけに留めました。

また気温も高くなっていたので、日陰で景色を見ていました。

 

桜島港を出発した後、夕方前に熊本駅に到着する予定になっているので、鹿児島中央駅に向かいました。


f:id:sutut:20190822084638j:image

鹿児島本線に乗車し、川内駅に向かいました。

ここで気付かれた方がいらっしゃると思いますが、「川内〜熊本間の途中、肥薩おれんじ鉄道になるから18きっぷが使えないじゃんw」と。

 

前々から乗ってみたかった九州新幹線に乗車します!(この日は18きっぷは使わず、現金で乗りました)。熊本駅まで1時間はかからないので、ワープします!


f:id:sutut:20190822084635j:image

今回は川内駅から九州新幹線「みずほ」に乗車します。夏休み真っ只中のため自由席に座れるかわかりませんでしたが、無事に座ることができました。

 

新幹線の車体ってなんかカッコいいですよね。😅

 

f:id:sutut:20190909111118j:image

この日のお昼ご飯は、鹿児島中央駅前のスーパーで買った蕎麦です。

 

ここで重要なことに気づきます。「箸がない…。」購入の際、セルフで割り箸を取らないといけなかったらしく、忘れてしまったので熊本駅着いてから食べることにしました。


f:id:sutut:20190822084615j:image

少しの時間でしたが、体を休めることができました。熊本駅に到着しました。

 

博多方面の上り線でしたが、たくさんの乗客が降りていました。ここから熊本観光のスタートです!!

 


f:id:sutut:20190822084621j:image

熊本駅の外に出てみました。構内にたくさんのお店が入っていました。また駅前には広々とした広場があり、駅前に繁華街があるような感じではなかったです。


f:id:sutut:20190822084641j:image

市内に行くためには、路面電車に乗って行く必要があります。なのでこの旅2回目の乗車をしました。

 

平日だったため、車内は空いていてよかったです。市電の良いところとして、一律170円で低額のため活用していきます。


f:id:sutut:20190822084628j:image

熊本のシンボルと言ったら、「熊本城」かと思います。2016年4月16日に、震度7を計測した地震が発生しました。

 

その影響で、熊本城の石垣が崩れたり、他の部分も損傷していて見学できるところが限られていました。

 


f:id:sutut:20190822084618j:image

熊本城を見学した後、一度宿泊先にチェックインしてから夕飯を食べに行きました。

 

熊本県の名物として馬肉が有名です。中でも「たてがみ」という部位はお刺身として食べることができ、料金も比較的安いので注文しました。

 

味の方は、脂がのっていて、口の中で溶ける感じでした。食べた量は多くないですが、美味しかったです。

 

 

今回は以上とさせていただきます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

青春18きっぷ旅 in九州part6(鹿児島中央~枕崎)

こんばんは!uです。

 

前回、宮崎駅を早朝に出発して鹿児島中央駅に到着しました。

その後、南九州市にバスで移動して知覧特攻平和会館を訪れ、日本史の勉強をしてきました。

 

今回は鹿児島観光の後半を記録していきます。行き先は、鹿児島中央からJR線の最南端、西大山駅を通過し、終点枕崎駅へ向かいます。

 

 

f:id:sutut:20190820212127j:image

前回の最後に、昼食のラーメンを食べた後、次の移動のため乗り継ぎ待ちをしていました。一時間後の午後4時(16時)、鹿児島中央駅から九州旅の最大の目的として決めていた最南端の駅、西大山、終点枕崎駅を目指して、指宿枕崎線に乗車します。

 

こちらの路線も列車の本数が少ないため、たくさんの乗客がホームで待っていました。私は、発車ギリギリまで駅構内で散策していても平気だろうと思い、発車4分前まで、ホームに行かず、のんびりしていました。

 

ですが、その読みがはずれてしまい、乗車すると席が全て埋まってしまい、座ることができませんでした。もっと早く行くべきだったと反省しました。


f:id:sutut:20190820212049j:image

途中のどこかの駅から車内空いてきたので、座ることができましたが、早朝から活動していたため、すぐに寝てしまいました。起きて気づいたらJR線の中で最南端にある駅として有名な西大山駅でちょうど目が覚めました。

 

停車してすぐの発車だったので、ホームに降りてじっくり見学することができませんでしたが、最南端を表した標識の撮影には成功しました。駅周辺は畑が広がっていて、自然豊かな場所に囲まれている駅が、最南端駅として観光客がたくさんいる光景を目にして、とても感動しました。

 

 


f:id:sutut:20190820211813j:image

枕崎駅に近づくにつれ、たくさん乗っていた乗客が降りていき、最終的には数人程度しかいませんでした。

 

ですが、私が乗った時間帯は中高生の学校帰りの時間だったようで、私のような旅人はいませんでした。寂しい気もしましたが、夕方から枕崎方面に観光する人は少なく、基本は昼頃に多いのかなと思いました。

 

写真のようなワンマン列車に乗ると、都心では乗る機会がないので、とても新鮮な気持ちになります。

 


f:id:sutut:20190820212100j:image

ついに、JR線南の終着駅、枕崎駅に到着しました。

今年3月には、北の終着駅、稚内駅に行ったため、今年のうちに南の枕崎駅に行きたいという願いが叶いました。自分の中では達成感がありました。

 

喜びもつかの間、ここから2時間ちょっと時間を潰す必要があります。どんな面白い所があるのか、散策していきます。

 


f:id:sutut:20190820212044j:image

ホームの先は行き止まりになっていました。終点の駅だから行き止まりは当たり前ですね。

元々、この先は鹿児島交通の鉄道があり、線路も続いていました。走行区間は枕崎~伊集院間を走っていた歴史があります。ですが1984年3月に廃止となり、枕崎駅が終点となりました。廃止の理由として、線路や列車の老朽化、廃止前年には豪雨があったため、大きな被害を受けたことが理由ではないかと思います。

 

現在は、バスの運行へと切り替えられたそうです。。


f:id:sutut:20190820212040j:image

小さな駅舎です。建物の中には、駅ノートが置かれてあり、私も一言だけですが、記入しました。ノートが置かれてあるとつい読んだり、書いたりします。そのぐらいこの枕崎という場所が素敵な所だったからです。

 

ちなみに駅員さんは不在だったので、枕崎駅無人駅でした。南の終着駅ということで誰かしらいると予想していましたが、残念ながらいませんでした。

 


f:id:sutut:20190820212123j:image

駅周辺ばかりの撮影が多くなっていますが、時刻は午後6時半を回りました。ここから観光をしようと思いましたが、路線バスがターミナルに一台もいなければ、どこにも行くことができないので、近くの銭湯へ行き、汗を流してさっぱりすることにしました。

 

夕飯はそのあと考えることにしました。


f:id:sutut:20190820212106j:image

銭湯に行った後、夕飯をどうしようかと悩んだ結果、駅から歩いて5分のところにあった居酒屋に決めました。

 

写真は地酒の枕崎を注文しました。記憶は曖昧ですが、確か焼酎だったかと思います。あんまり焼酎を飲まない私ですが、チャレンジしてみました。飲んだ感想として、辛くなく、後味もすっきりしていたので、飲みやすかったです。

 

お金に余裕がある時に、楽天かなんかの通販で注文しようと思います。


f:id:sutut:20190820212154j:image

本日の夕食は、先ほど紹介した焼酎とカツオのたたきにしました。

枕崎は海に面している街のため、海鮮料理を提供しているお店が多くあり、中でもカツオがグルメとして有名なので、本場で味わいました。

 

食後の感想として、カツオをポン酢で食べましたが、柔らかくて口の中で溶けるような感覚があり、いくらでも食べられる気がしました。そこで焼酎の枕崎とのマッチングが素晴らしかったです。

 

また、食べたいグルメの一つです。

 


f:id:sutut:20190820212110j:image

時刻は午後20時となりました。夕食後は、駅前のスーパーで食料を少し買い込みました。このあとどうするかというと、また2時間以上かけて鹿児島中央駅に戻り、宿に行きます。

 

汗を流し、気持ちいい温泉に浸かった後、おいしい夕飯を食べてとても満足しましたが、ここから列車旅を再開します。

 


f:id:sutut:20190820212114j:image

20時30分過ぎに発車する列車がやってきました。もちろん誰も乗客はおらず、私だけしか乗っていません。

 

楽しかった枕崎ともお別れして、列車は出発しました。夕方に来た道を戻りますが日が沈んでしまったため、外は真っ暗で何も見えませんでした。結局、鹿児島市内に入ってから乗客が乗ってきて、それまでは私一人が一両丸々使っていました。

 

鹿児島中央駅に到着したのは、午後11時。着いてすぐ、ゲストハウスへ向かい、到着後はすぐ就寝しました。

 

以上で3日目の行程が終了しました。

また次回、4日目の様子をお伝えしていきます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。