うっちー

都内に通う就活前の貧乏大学3年生です。お金ないなりに日本各地を旅しています。貧乏でも冒険心があれば旅ができることを伝えるブログです。よろしくお願いします🤲

青春18きっぷ1人旅in東北 part1

こんばんは!uです。

 

昨日の投稿は人生初の1人旅ということで、長野、山梨県の日帰り旅を取り上げました。最後に少しずつ距離を伸ばすということで、本日から昨年に青春18きっぷを使って行った東北1人旅について書いていきます。

 

今回の旅の大まかな流れは、福島→宮城→岩手→秋田→山形の5県を回りました。残念ながら青森県は、日程の都合上、行くことができませんでした。それに関しては、いずれ行くことを決心していますので、その時に振り返らせていただきます。

f:id:sutut:20190514211041j:image

前回に引き続き、私の得意な青春18きっぷです。前回の日帰り旅の余りを使って東北を巡っていきます。実はこの旅をやる前に、栃木日帰り旅をやっていたのですが、スマホの写真フォルダーの容量が多くなってしまったので、パソコンに移してしまったため、東北旅の記事が終了後に書きたいと思います。

 

 

実施日として、2018年8月31日〜9月2日の二泊三日という弾丸スケジュールで予定を組み、実行しました。

 

1日目は、地元から仙台駅を目指して移動していきます。

 

f:id:sutut:20190514212340j:image

この旅も、私がよく利用する地元の駅を始発で出発し、上野駅を目指しました。朝があまりにも早過ぎたため車内で寝てしまい、直前で起きて急いで降りました。上野駅からは、JR常磐線快速に乗車し、写真にも載せましたが、途中の水戸駅を目指して走っていきます。

ちなみに、写真には載せませんでしたが、通勤時間にかち合ってしまったため、グリーン車を利用させていただきました。なぜ使ったというと、地元から仙台まで9時間半の所用時間があり、少しでも体に負担をかけたくなかったので使いました。笑

 

 

朝8時になると、列車は水戸駅に着きました。途中、偕楽園の近くを通ったのですが、涼しいグリーン車内で爆睡していたため、見ることができませんでした。滅多に行かない観光地を車内から眺めることができなかったのは残念という気持ちを通り越して、テンションが下がってしまいましたが、起きていなかった自分がいけないですね。

 

f:id:sutut:20190514213249j:image

水戸駅に到着してから30分後、乗り換えで常磐線に引き続き乗車し、福島県いわき市にあるJRいわき駅に向けて移動していきます。途中、ひたちなか海浜公園の近くまで行けるひたちなか海浜鉄道と乗り入れをしている勝田駅、普段、私たちの生活に欠かすことができない家電製品などを生み出す日立製作所の本工場がある日立駅を通ります。その後、大きな街として高萩駅も過ぎ、太平洋を眺めながら北茨城地域を走っていきます。

f:id:sutut:20190514213249j:image

水戸を出発して約1時間、福島県いわき駅に到着しました。ここでも乗り換えがあるため、列車の乗り継ぎをするのですが、それまで40分以上時間があったため、駅周辺を散策してみることにしました。

f:id:sutut:20190514214756j:image

駅舎は新しくしたのかはわからないのですが、外観がとても綺麗でした。反対側の出口に行けば、大通りが通っている繁華街でたくさんのお店が並んでいました。また撮影した場所の裏手には、小高い山になっていて、細い道を登って行くと磐城城跡に着きます。

磐城城は戊辰戦争時の戦場になり焼失してしまったため、跡地として広場のようなイメージで開放されていました。

 

 

本日は、地元から福島県いわき市までの内容とさせていただきます。次回はいわき駅から旅の記録を書いていきます。ご閲覧ありがとうございました。