u日記(旅)

都内に通う就活前の貧乏大学3年生です。お金ないなりに日本各地を旅しています。貧乏でも冒険心があれば旅ができることを伝えるブログです。よろしくお願いします🤲

青春18きっぷ旅 in四国part5

こんばんは!uです。

 

前回、高知駅から長距離移動をして途中、インスタ映えスポットの下灘駅に寄り、四国旅の終点松山駅に到着しました。

 

今回は四国旅最終回ということで、松山市内を1日観光した様子から成田空港に戻った記事を書いていきます。よろしくお願いします🤲

 

 

f:id:sutut:20190618103437j:image

旅の最終日、最初に訪れた所は「坂の上の雲ミュージアム」です。

 

明治時代に活躍した伊予松山藩出身の、正岡子規 秋山真之 秋山好古の3人が有名です。彼らに関する資料をはじめとして、愛媛県の歴史や明治時代の教育、文化など様々な情報を得ることができる博物館です。

 

博物館の建築様式も独特で、柱の無い階段はめったに無いものらしく、建築家の安藤忠雄さんによって造られたそうです。とても綺麗でおしゃれな建物でした。

 

 

 


f:id:sutut:20190618103446j:image

次に、坂の上の雲ミュージアムから歩いて松山城に行きました。この時期は桜が満開で、坂を登った所ではお花見を楽しむ方々がいました。天守閣に行くためには、急な坂を登らないと行けませんが、景色はとても良くて、登る価値は絶対にあります。

 

 

 


f:id:sutut:20190618103440j:image

天守閣からみた瀬戸内海方面です。この旅は天候にすごく恵まれているため、この日も快晴でした。城が高台にあるため、全角度から見る景色はとても美しく、記憶に残る素晴らしい光景でした。

 

 


f:id:sutut:20190618103417j:image

手前の桜並木が並ぶ道は、私たちが登って歩いてきた道です。  

春休みのため、たくさんの観光客が天守閣付近を散策していました。写真の奥に見える街並みは、おそらく松山市内の中心地でしょうか。高いビル群が並んでいるので、繁華街であることは確実です。

 

 

 


f:id:sutut:20190618103405j:image

天守閣から降りて、近くに大きな堀があったので、そこから松山城を撮影しました。こう見ると城の天守閣は、相当な高台にあることが一目でわかる一枚です。

 

ちょうど時間的に、正午手前だったので昼食を食べようと飲食店を探して、近くのラーメン屋で昼食を済ませました。

 

 

午後は、松山市内でも最も有名な観光地に行くため、帰りの時間に間に合うように、急いである場所へ向かいました。、

 

 

 


f:id:sutut:20190618115740j:image

行き先表示が出てしまったいますが、道後温泉に向かいます。路面電車に乗車しますが、車内は混雑していて、半分が外国人観光客でした。

 

車両数も少ないため、始発の駅で乗らないと座れない可能性が高いことがわかりました。ですが、路面電車に乗れる機会は、私の地元には無いので、新鮮さがありました。

 


f:id:sutut:20190618103425j:image

終点の道後温泉に到着しました。駅舎はとても立派で、多くの乗客はこちらの駅で降りて、温泉の方に向かっていました。

駅を出てすぐの所に、アーケード状になった商店街がありました。そこでは、愛媛県のご当地名物の販売やお土産屋が並んでいました。

 


f:id:sutut:20190618103429j:image

さらに奥へ進んでいくと、道後温泉本館に着きました。建物の外観を見ると、歴史を感じる古い建築様式となっており、屋根にはたくさんの瓦が並んでいるのを見て、友人と感動していました。

 

 


f:id:sutut:20190618103433j:image

真ん中に火の鳥のようなものが飾られています。ちなみに道後温泉本館は、入浴することができます。大人410円、子供160円と安値で入ることができます。

 

私も最初、入ることができないと思ったのですが、意外にも入場することができたので、旅中にゆっくり湯船に浸かることができなかったので嬉しかったです。

 

中は昔ながらの銭湯になっており、1つの大きい浴槽が真ん中にありました。本当に昔を感じさせる温泉で、とても面白かったです。

 


f:id:sutut:20190618103413j:image

入浴後には、施設の近くにあるカフェのような所でサイダーを購入して飲みました。この日は気温が高めだったので、温泉で汗を流したあとの冷たいジュースがとても美味しく感じました。

 

風呂上がりの一杯は、人を幸せにしてくれる最高の飲み物だと思いました。サイダーの料金は400円程度だったと記憶しています。

 

 


f:id:sutut:20190618103450j:image

帰りがけに、道後温泉駅付近に停車していたぼっちゃん列車を見ることができました。昔からこの列車の存在は知っていましたが、いざ目の前で見ると迫力がありました。

 

松山市内を走る小さな機関車は鉄道ファンをはじめとして、たくさんの方に愛されている列車なのではないかと思います。

 

こちらには乗車しませんでしたが、我々が行った日は常に満席状態で、予約が取れませんでした。

 

またの機会に乗れることを願います。

 

 

 

  


f:id:sutut:20190618103421j:image

松山駅に戻ってきました。ここから松山空港に向かって、飛行機で成田空港に帰ります。この時、私たちはこの後の最悪な事態をまだ知りません。とにかく無事に帰ることだけを願いながら空港に向かいます。

 

 

空港に着いた所、私たちが乗る飛行機が機会トラブルの影響で1時間半〜2時間の遅延が発生していて、松山空港で足止めになりました。

 

 

 

f:id:sutut:20190618140203j:image

ようやく来た飛行機に乗った私たちは、5分遅れで成田空港に着いたので、なんとか大丈夫と思いました。また成田空港から乗る総武本線の終電列車に間に合いました。

 

ですが、新小岩駅で人身事故が発生しました。友人は家に帰れたのですが、私は帰ることができず、総武本線は横浜方面まで行かずに東京駅で止まってしまったので、東京駅付近のカラオケボックスで始発の列車を待ちました。その後、始発の列車に乗って無事に家に帰ることができました。

 

 

〜まとめ〜

今回の旅は、初めての寝台特急を使ったり、四国4県を回るなど、初めてづくしの旅でした。

 

いつもは一人旅でしたが、大学の友人と行ったことによって、今までで一番濃い旅だったと思います。友人には感謝の気持ちでいっぱいです🙌

 

5日間の振り返りを今回で終了します。これからも旅は続けていくのでその振り返りもやっていきます。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。