うっちー

都内に通う就活前の貧乏大学3年生です。お金ないなりに日本各地を旅しています。貧乏でも冒険心があれば旅ができることを伝えるブログです。よろしくお願いします🤲

函館・青森旅 振り返り② (下北、鉄道防雪林、シジミラーメン)

 どうも!うっちーです!

 

 前回は、函館市内を観光した様子をお伝えしたと思いますが、いかがでしたでしょうか?函館観光の王道である函館朝市箱館五稜郭函館山を回ってみましたが、この3つを攻めるなら1日で行けることが証明されました。

 

 ただ朝一の飛行機を使ったらの話ですからね?笑

 

 前置きはこんくらいで、今回は青森県を旅した様子を文章に起こしますよ!最後までお付き合い下さい!

 

(下記の動画が今回の題材です)

 

 

f:id:sutut:20200323220726j:image

 私のYouTubeを見ていただくとわかるのですが、深夜に函館港→早朝に青森港に渡りました。もちろん青春18きっぷを使う方にはご存知の青函フェリーを利用して、本州へカムバックしました!

 

 初めて青森県に上陸しましたが、津軽海峡と市内の景色がまた良いこと。映えてますなぁ。ただね、人が少ないのよ!!こんな良い街なのにさ!ねぇ、なんでよ!!笑


f:id:sutut:20200323220714j:image

 青森駅の先にあるのは、港らしき所。特に船が停泊してる様子はないけど、写真の手前には八甲田丸という船があります。

 昔、青函トンネルが無い頃に函館⇄青森を結ぶフェリーとして活躍していました。

 

 中でも、鉄道ファンの方は知っていることかもしれませんが、フェリーに列車を乗せることもしていました。フェリーに列車を乗せるとか沈まね?大丈夫か?とか私は思っていましたね。笑


f:id:sutut:20200323220705j:image

 この単線さ、私好きなんですよ!おそらくですよ?フェリーに列車を乗せるための線路だと推測しております。

 もしこれが本当のことであれば、歴史を感じますねぇ。トンネルが無かった頃の津軽海峡を渡る際は不便だったと思います。文明の進化を感じた瞬間でしたよ。

 ちなみに、線路の先は行き止まりになっています。日本の鉄道の歴史を探ると面白いなぁ…。


f:id:sutut:20200323220655j:image

 本当の目的はこの駅!下北駅でございます!!青森県と言ったら弘前五能線じゃないの?と思ったあなた!下北半島の景色も負けておりません!

 

 実は、東京都にある下北沢(通称、下北)と青森県の下北を行ってみるというクソつまらないことがしたくて行きました。

 

 動画では一部しか映せていませんでしたが、文章にしてまとめると、青森県下北駅は思ったより街が栄えてます!これは本当です!スーパーやガソリンスタンドといった生活に必要なお店が揃い、観光のためのホテルもありました。

 

 いや〜、これはたまげた。地図だけで町を判断してはいけませんな。😅

 


f:id:sutut:20200323220642j:image

 記念に私と下北駅舎のツーショットをいただきました。ブログで素顔出すの初めてかもしれないなぁ(ブサイク)。

 この場所に行くため、JR大湊線を使って行きました。というか、列車で行くとしたら大湊線でしか行けませんからね。笑

 

 これがまた良い景色が見えるんだなぁ。

 


f:id:sutut:20200323220718j:image

 撮影したのは、夕方に差し掛かる時間帯でした。列車が走る線路は、海のギリギリまで近づいて走っていました。これは今まで乗ってきた列車の中で1番だと思います。

 

 目の前に広がる海は陸奥湾で、写真の左方向は青森市に当たります。

 

 残念なことに、大湊線はあまり知名度が高くなく、私の鉄道好きの方々でも乗ったことが無いほど存在的に薄いです。

 でも、今回私が乗ったことで、この風景を見にぜひ大湊線に乗って欲しいです!100%後悔させませんからね!?

 


f:id:sutut:20200323220659j:image

 ここは野辺地。青い森鉄道大湊線が接続する街です。意外に青い森鉄道は本数が多くあり、乗り継ぎ時間もちょうど良かったため、街中を程よく散策できました。

 

 この街も、スーパーをはじめとした生活に必要な物を揃えることができる街という印象が残りました。駅から市街地は離れていることがデメリットですが、国道?県道?まで出ると、交通量や人が多かったです。


f:id:sutut:20200323220638j:image

 野辺地駅には日本最古の鉄道防雪林があります。

鉄道防雪林とはなんだ!?と言いますと、降雪量が多い地域を走る列車の線路に多くの雪が溜まってしまいます。そうなると運行に支障が出てしまうので、吹雪でも影響無く走るために、沿線に木を植えました。

 その結果、ある一定の間隔に木を植えることができれば、線路に雪が積もらないことがわかり、植えられたとされております。

 

 この林を研究された方として、旧東京帝国大学土木科の研究者、本多静六教授によって成果が上がり、東北本線をはじめとした北日本地域に多く見られます。

 

 実は、鉄道防雪林の論文を以前読んだことがあるため、野辺地に最古の林があることは知っていました。実際に見ることができてよかった。


f:id:sutut:20200323220632j:image

 青森駅に戻り、晩酌をやりました!

 私が注文したお酒は安東水軍という日本酒?焼酎?です。笑

 地酒が飲みたかったので、日本酒なのか焼酎かを気にしないで注文しました。

 

 北日本のお酒ということもあり、ちょいと辛口なお酒だったかなと思います。ですが、青森県のお酒を青森の土地で消化することで自分が地産地消に貢献してると思うと、美味しく感じました(どゆこと?)。笑

 


f:id:sutut:20200323220647j:image

 最後に!シジミラーメンをいただきました!十三湖シジミから出汁を取った超あっさり海鮮系ラーメンは、横浜家系ラーメンで育った私からしたら味は薄かったですが、青森県で採れたシジミを青森という土地で消化することで、地産地消に貢献してると思うと、美味しく思いました。笑

 

 (つまんない食レポやめろ?笑)

 

 ふざけはここまでとして、本当にシジミラーメンは美味しかったです。濃い目の味が嫌いな方はおそらく魚介あっさり系スープはハマると思います。

 

 シジミエキスと塩スープが絶妙にマッチングしているので、味に物足りない方は七味唐辛子をかけることをオススメします!

 

 長い長い文章でしたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 次回は写真少な目の、帰宅編をお伝えします。